【実録】フリーランスSEになる前に必ず知っておきたいこと

はてブ

いきなり残念な出だしになりますが、日本は先進国の中でも「生産性」について言えば下の方から数えたほうが早い状況が続いているのが現状です。

そのような状況を打破すべく「生産性向上」と「長時間労働の是正」のため、国が「働き方改革」を重要政策として推し進めており、企業もそれに倣う形で様々な施策を進めています。

企業側も努力はしていますが、もっと能動的に自分自身で仕事をコントロールする「フリーランス」という働き方を選ぶ人が増えていることをご存知でしょうか?

特にIT業界で働いているエンジニアは、ふと「混んでる電車に乗って毎日オフィスに通って仕事する必要あるんだっけ?」とモヤモヤし、フリーランスという働き方について興味を持ち始めた人も多いのではないでしょうか?

本記事ではそんなエンジニアの方々のために、フリーランスを検討するにあたって知っておいてほしいことについて解説していきます。それでは、早速みていきましょう!

フリーランスSEになる人が増加中

「フリーランス」ってどうなんだろう?とインターネットを検索してみると、「エンジニアはフリーランスになるべし」とか「フリーランスになって年収アップする方法」などの記事が踊っています。

実際、企業で働いてきたシステムエンジニア(SE)がフリーランスとして独立するケースも年々増加しています。その背景には先ほどの働き方改革の影響もあってか、企業側も必要なスキルを持つ人を効率良く確保できる手段としてマッチングシステムなどを通じてフリーランスを使う、という風潮が高まっていることがあります。

仕事はありそう、自分にはSEとしての経験もある、IT技術に関するスキルも持ち合わせている、とあれば、SEはフリーランスにならないと勿体ないと思えてくるかもしれません。

でもちょっと落ち着いてみましょう。いきなり企業で働いてきたSEが会社を辞めるとなると、

     

  • 仕事はどうやってもらうのだろう?
  •  

  • フリーランスSEになるメリット・デメリットは?
  •  

  • 自分にもできるのだろうか?
  •  

  • 年収はどれくらいなの?

といった不安も感じることでしょう。

そこで、ここからはフリーランスという働き方をするSEとはどういうものなのか、解説していきます。

フリーランスSEの仕事内容

フリーランスとはいえ、SEはシステムの要件定義や設計などの上流工程を担うなど、仕事内容についてはほとんど変わりはありません。
仕様書どおりに動くものを作るプログラマーと違って、他の開発メンバーやクライアントとずっと離れた場所でSEの仕事をするのは困難を極めます。
そのため、フリーランスSEの案件は「出向型」または「常駐型」が大半を占めます。
会社員と同じようにクライアントのオフィスで仕事をしますが、会社員として働くSEとの違いは契約であり、案件ごとに業務委託契約を結んで業務にあたります。
そういった意味で、フリーランスSEとして案件ごとにクライアントからの依頼を遂行していくには、「即戦力」として上流工程からこなせる能力を求められることになります。
フリーランスSEとして独立するなら、要件定義、基本設計、詳細設計、プログラミング、テスト、運用といった、SEとして一通りの業務経験が必要になります。

フリーランスSEのメリット・デメリット

仕事内容はあまり変わらないとすると、フリーランスSEのメリットやデメリットはどのようなところにあるのか、ここから解説していきます。
まずはメリットからいきましょう。

     

  • 自分の裁量で仕事ができ
    フリーランスSEの一番のメリットとも言える、納期さえ守ることができれば自由な時間、自由なスタイルで仕事ができることです。会社との雇用関係に縛られるようなことがないので、残業を強要されたり、会議などで時間を拘束されてしまうといったこともありません。
  •  

  • 自分で仕事を選べる
    自分の得意分野の仕事や、自分のやりたい仕事を「選ぶ」ことができるのもフリーランスSEならではです。会社勤めであれば、時には自分のスキルの範囲外の仕事をしなければならなかったり、苦手な人間関係の中で仕事をせざるをえないといった状況もありますが、フリーランスSEであれば合わない仕事は避けることも可能になります。
  •  

  • 業務に関わる費用を「経費」にして節税できる
    フリーランスSEは個人事業主になります。個人事業主は青色申告の届け出により、最大65万円の控除が受けられます。さらに、業務に関して購入した書籍やセミナーの受講費などを「経費」として計上することができます。
  •  

  • 副業に制限がない
    フリーランスSEは業務委託契約を結んで業務を行いますが、社員ではないので委託側は業務に関する指揮権限を持ちません。したがって、時間に余裕がある場合は別の案件をこなすなど、副業をしても問題になりません。プログラミングの仕事を受けたり、Webページを制作したりといったピンポイントの作業で収入を増やすことも可能です。

ではデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

     

  • 収入が安定しない
    仕事選びが自由になる反面、案件ごとにクライアントと業務委託契約を結ぶので、契約が切れた時点で次が決まっていなければ収入が途絶える懸念があります。そのような状況にならないためにも、よい評価を得ていき、クライアントから継続的に依頼を受け、契約を結べるような信用関係を構築する必要があります。
  •  

  • 福利厚生、手当、ボーナスがない
    会社員ですと、会社が提供する福利厚生や、通勤費などの手当、ボーナスという仕組みで収入以上のメリットが得られるのですが、フリーランスSEの場合は全くありません。ですから、収入を考える際には単純な単価を見て判断せず、通勤費などを差し引いた実質の報酬となる額がどれだけになるのかをみる必要があります。
  •  

  • 確定申告や納税など、事務作業もすべて自分で行う必要がある
    フリーランスSEは個人事業主となると先にも説明しましたが、税金計算などの事務処理をすべて自分で行わなければなりません。会社員であれば会社が代行してすべて行ってくれていましたが、フリーランスSEとなった場合は自分が稼いだ所得に対して正しく納税する義務があるので、自分でなんとかしなければなりません。

フリーランスSEになるのに必要なスキルは?

一言でフリーランスSEになるといっても、案件のほうから飛び込んで来てくれるわけではありません。会社員時代にはあまり意識してこなかったであろうスキルも必要になります。
ここではフリーランスSEに必要なスキルを3つ、解説していきます。

     

  1. ITスキル
    フリーランスSEのウリにもなる、ITスキルや実務経験は非常に重要です。会社員としての経験があればそれをアピールすることで、クライアントの目に留まる可能性が高まります。
    未経験の人であれば、客観的に判断できるIT資格の取得、ポートフォリオの作成などで、自分の持つITスキルを示せると良いです。
  2.  

  3. セルフマネジメント
    在宅型中心の案件だと特に、自分のコントロールが緩めになってしまい、つい趣味などに時間をつかってしまうこともあります。終わらせて余裕があるならまだしも、つい先延ばししてしまうような人は改める必要があります。
    納期を守ることはもちろん、まずはそれに向かってマイルストーンを設け、きちんとした計画を立てることができる必要があります。風邪を引いてしまっても代わりは誰もいないので、そういったリスクも込みで計画/実行できるマネジメントスキルが必要です。
  4.  

  5. 営業力、コミュニケーション力
    会社員であれば他の部門が仕事を取ってきてくれたり、上司から得意分野にマッチした作業を依頼されたり、と毎日アピールせずとも問題なく過ごせてきたはずです。ですが、フリーランスSEになるには、自分自身がどういう人材なのかをアピールし、クライアントと交渉をして契約まで結び付けなければなりません。

    自分自身という商材を売り込む「営業力」、そしてそれをわかりやすく伝える「コミュニケーション力」は重要なスキルになります。

フリーランスSEに向いている人って?

フリーランスSEは、ある意味仕事に関するあらゆることを自分で行う必要があります。ですから何を差し置いても「自分自身をマネジメントする」ことができないと務まりません。
ここではフリーランスSEに向いている人はどのような人なのかについて解説していきます。

     

  • オンオフ含めて時間を律することができる
    フリーランスSEになって自分の好きな時間に仕事ができる!と、オフの時間を楽しんだ挙げ句、納期直前に追い込まれるといったことでは次の案件ももらえなくなるでしょう。仕事をするときのオンの時間と、自由な時間を楽しむオフの時間を、バランス良く自分で配分し、体調不良などのリスクも考慮して納期までの計画ができるような人ならフリーランスSEに向いていると言えます。
  •  

  • 好奇心を保ち、継続的にスキルアップできる
     IT業界は巷で言われているように本当に進歩やトレンドの変化が早いです。次々と新しいソフトウェア/ハードウェアが出てくる中、この先どのような技術が求められるのか、自ら好奇心をもってスキルアップに取り組んでいけるような人は向いています。ただ、興味があるからといって単純に自分のスキルを差し替えていくのは良くないので、プログラミング言語であればどれか一つ深い知識と経験をもった軸を持つことを忘れないでください。
  •  

  • 変化を恐れない
    いくら継続的に仕事を回してもらえるからといって、そこに留まって自分の得意なことばかりこなしているようでは、いざ急に状況が変わった時に仕事がパッタリなくなってしまう状況に陥るかもしれません。得意な案件があるときでもそれはセーフティとして残しておき、新しいタイプの案件や違う言語の案件に自らを対応させるといったモチベーションを持てる人はフリーランスSEに向いています。
  •  

  • 人と違う部分を強みにできる
    フリーランスSEが旬だから・・とか、流行っているからWeb系言語でフリーランスだ、とか、世の中の流れにフラフラっと流されてしまうような人はフリーランスSEとしてはうまくいきません。その先にはたくさんの競争相手がいるだけなので、なにか人と違う部分がないと案件を受注することが難しくなります。
    あえて人と違う言語を習得してみたり、敬遠されがちな内容の案件をこなせるようになるなど、人と違う部分に磨きをかけられる人はフリーランスSEに向いています。

フリーランスSEの年収

ここまででフリーランスSEになるための必要な要素について説明してきました。
最後に収入面について、フリーランスSEがどれくらいの年収を得ているのかを見てみます。
フリーランスエージェントのサイトなどで募集されている案件を見てみると、月40万~80万くらいの案件がほとんどを占めています。単純に年収に換算すると480万~960万円という範囲になります。
持ち合わせているスキルや営業力にもよるところはありますが、単価の高い案件を中心に活動できるようになれば、1000万円をこえる年収を得ている方も珍しくはないという状況です。
DODAが求人情報をもとに公開している技術系職種の平均年収では、企業勤めのSEの平均年収が367万~598万円となっていますので、フリーランスSEになることで収入アップできることが見込めます。
ですが、デメリットのところでも説明したとおり、会社勤めの場合はいろいろな制度で守られる部分もありますので、単純な差額だけで判断してしまわないよう、注意しましょう。

フリーランスSEの仕事の探し方

フリーランスSEになったとして、急に自分で仕事を探せ、しかも案件単位でとなれば、これまで会社でなんとなく割り当てられた仕事をこなしていた状況と180°変わります。
そのような方のために、フリーランスSEがどのように仕事を獲得してくるのか、解説していきます。

 

知り合いから案件を受注する

 周囲にフリーランスSEの知り合いがいる場合、そこから案件を紹介してもらう方法があります。マージンを取られるといったことがなく、クライアントや案件の実情なども聞きやすいため、安心して受注することができます。
ですが、人脈に依存する部分もありますので、最初からアテにできる人はそうそういないはずです。ある程度フリーランスSEとして実績を積みながら、知り合いを増やしていくことで、結果的に案件の受注を安定させることができると考えておくくらいが良いです。

クラウドソーシングサービスで案件を受注するr

フリーランスSEとして受注する案件はほとんどが「出向型」「常駐型」になると説明させていただきました。
しかし、ランサーズやクラウドワークスなどに代表されるクラウドソーシングサービスでは、「在宅型」の案件も見つけることができます。
クライアントとフリーランスSEが顔を合わせることもなく、金銭の受け渡しもサービス経由でおこなわれるため、信頼関係が薄い状態での受注になります。
そのため、単価については安くなってしまうことは避けられませんが、大手サービスであればかなりの案件数が登録されるため、在宅やリモートでできる仕事を探したい方はクラウドソーシングサービスを活用しましょう。
 

エージェントを利用して案件を受注する

フリーランスSEに一番オススメなのがこのエージェントを利用する方法です。
マージンは発生しますが、これまでの方法ではなかなか取れない大手企業の案件や単価の高い案件を紹介してくれること、エージェントが仲介してくれることで、より自分に合った案件を紹介してくれるなど、さまざまな利点があります。
また、現在受注している案件が終了するのに合わせて次の案件へと繋いでくれるので、収入面を安定させることもできます。
さらに、エージェントによっては福利厚生のサービスを提供しているところもありますので、フリーランスSEでありながら会社員のような待遇を受けられるという働き方も可能になってきています。

おすすめのクラウドソーシングサービス

Webで簡単に案件を探せるクラウドソーシングサービスはたくさんありますが、ここでは国内最大手のランサーズとクラウドワークスについて、ご紹介していきます。
 

ランサーズ

ランサーズは2008年に日本初のクラウドソーシングサービスとして発足しました。歴史があるため、登録者数・クライアント数も多く、仕事依頼数も210万を超える実績をもっています。
大企業や官公庁の利用がある点が特徴的で、経験豊富なエンジニアから初心者までたくさんのフリーランスが活躍しています。
受託側となるフリーランスSEの活動実績などに応じて、ランサーズが4段階のランク付けをする「認定ランサー」という制度があります。認定ランクを上げられるように活動すると、高収入にもつながっていくので、上手く活用しましょう。

 

クラウドワークス

クラウドワークスは後発で2012年に開始されたクラウドソーシングサービスです。先ほどのランサーズを追い抜く勢いで登録者数・クライアント数を増やしており、仕事依頼数も250万を超えています。
プロフィールとして職種やスキルを非常に細かくカテゴリ登録できるので、自分のスキルを明確にアピールしやすい特徴があります。案件のほうも同様に「仕事カテゴリ」が細かく設定されているので、自分のスキルに合った案件をダイレクトに見つけることができます。
後発なだけに、サイトの使い勝手もよく、スマホアプリも提供されています。細かいことですが毎日使うことを考えると、利便性を比較して選ぶという方法もありです。

おすすめのエージェント

どうしても「在宅型」でなければ・・・とこだわらないのであれば、案件単価も高い「出向型」「常駐型」を受注していきましょう。
ですが、よほどの有名人でもない限り、クライアントに対して個人で応募しても、なかなか受注までたどり着くのは難しい現実もあります。
そこで頼るべきはフリーランス案件を専門に扱っている、フリーランスエージェントです。それではフリーランスエージェントをみていきましょう。
 

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスはレバレージ社が提供するフリーランスエンジニア向けのマッチングサービスです。
フリーランス向けの高単価の案件を数多く保有しており、担当するコーディネーターも高い技術知識をもっているとのことで、自分に適した案件を紹介してもらえます。
案件は企業からのエンド直請けで紹介しているため、フリーランスで作業するとはいえ、週4~5日プロジェクトに常駐するものが中心となっています。

 

Midworks

Midworksは株式会社Branding Engineerが提供するフリーランス向けマッチングサービスです。特徴は登録しているフリーランスに対して、正社員なみの保険や福利厚生サービスを提供していることです。また、契約中は完了した案件と次の案件の間にブランクが空かないようにMidworksが案件を調整してくれるので、収入を安定させることができます。
Midworksは元単価と手数料を公開しているため、変に高いマージンをとられているのではないか?といった疑わしい部分がなく、透明性の高いサービスを提供しています。
 

ギークスジョブ

ギークスジョブはギークス株式会社が提供するフリーランス専門エージェントサービスです。案件はほとんど非公開案件となっており、独自ルートで入手しているようで、高単価なものが豊富にあります。ホームページ上では登録しているフリーランスの年収は「780万円以上」と謳っています。
ギークスジョブの特徴的なところは、フリーランス一人に対して3人の専任担当者がつく体制になっていることです。「コンサルタント」は自身のスキルやキャリアプランに関する相談、「営業担当」はクライアント・案件の紹介とマッチング、「サポート担当」は事務手続きなどを代行、というように手厚くサポートしてくれます。

未経験の方は、まずスクールから

ここまでは会社員としてSEをやってきた方を想定して説明してきました。そのような方であれば、数年にわたるシステム開発の経験やいくつかのプロジェクトを渡り歩いてきた実績もあります。そして、それらをそのままフリーランスSEの武器とすることができます。
ですが、そういった実績がない未経験の方は、クラウドソーシングを使うにしろエージェントを使うにしろ、苦戦してしまうことが予想されます。
そこでオススメなのがスクールです。費用はかかってしまいますが、現役エンジニアがメンター(講師)となってくれる、スクールによっては就職斡旋などもしてくれる、などフリーランス稼業を早く立ち上げることができます。
一人で実績を作る時間を掛ける方法もありますが、早く案件をこなして収入を得られる状況にしてしまうほうがトータルで考えるとコストがかからない可能性が高いです。いくつか著名なスクールを以下にご紹介しますので、自分の進みたい道にあわせて選んでみてください。
 

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプはRuby on Railsに特化し、現場よりも厳しいと噂されているスクールです。
カリキュラムはすべてオンラインで提供され受講していく形ですが、その内容は「3ヶ月で実務にたえうるエンジニアになれる」というかなり実戦的な課題をこなしていきます。
また、コースの修了後、就職までサポートしてくれる仕組みになっており、自社開発でサービスを提供している企業にそのまま参画することができます。
どうしてもその企業が自分に合わない場合は仕方ないですが、そのルートで就職すると授業料のほとんどが戻ってくるという嬉しい特典があります。
 

Aidemy

Aidemyは名前にも「AI」が入っている人工知能に関するプログラミング学習を提供しているスクールです。
カリキュラム、学べる言語、課題、とすべて人工知能やデータ解析に特化している、珍しいタイプのスクールです。
将来的に人工知能やデータ解析の道へ進みたいという確固たる目標がある人には、これ以上なくオススメできるスクールです。
 

DMM Webキャンプ

DMM Webキャンプは通学形式のプログラミングスクールです。
教室が3ヶ所しかないため、「通える人」が限られてしまうところが残念ですが、金曜日以外は通い放題なのが特徴です。
わからないことがあったり、自分でより深く理解したいといったときにいつでも教室に行き、他の生徒や講師と会話できるのは心強いサポートになるはすです。
カリキュラムとしては、HTML/CSSといったWeb系言語の基礎を学び、そこからRuby on Railsを学んでWebサービスを作れるようになっていくといったものです。
 

TECH::CAMP

「人生を変えるプログラミングスクール」と謳っている初心者中心のスクールです。
教材はすべてオンラインで見ることはできますが、全国6ヶ所に教室が展開されており、行ける人であれば通学形式でのレッスンも可能です。
入会金+月額制という珍しい料金体系となっており、受講中は全コースの内容を見ることができます。ですから、複数のコースを学びたいといった方にはお得なスクールと言えます。
 

Codeacademy

Codeacademyはブラウザで学習できるオンラインサービスです。
完全にブラウザ上で完結するコース・カリキュラムになっていて、学習方法はブラウザに表示された課題を解いてエディタ部分に入力をするような形になります。
他のスクールと違ってメンター(講師)はいません。
困ったときには、他の登録ユーザーに対して質問や相談ができるコーナーが設けられているので、それを利用します。ただ、海外のサービスなので答えが欲しい場合は英語で質問する必要があります。
 

TechAcademy

TechAcademyもオンラインですべてが提供されるプログラミングスクールになります。
カリキュラムが特徴的で、普通なら「初めてのPythonプログラミング」といった特化したコースになっていますが、TechAcademyのコースは複数組み合わせて学ぶことができます。(組み合わせによっては授業料が安くなることも)
コース自体もプログラミング言語だけを取り扱うのではなく、データベースやWebサイトなどの周辺技術も一緒に学べるようなものとなっているため、総合的なスキルを身につけたい人にはピッタリのスクールです。

関連記事