プログラミングスクールの体験談、口コミ、評判がわかる比較サイト

プログラミングスクール 掲載数No1 * プログラミングスクール 掲載数No1 *

プログラミング未経験者がプログラマー転職を成功させるためステップと押さえるべきポイント

プログラミング未経験者が転職を失敗させないために押さえるべきポイントと3つステップ

体験談

公開日 : 2019年11月13日 | [更新日] 2020年03月11日

「現在の仕事や給料に満足していない。」

「高収入のプログラマーになりたい。」

「手に職をつけたい。」

「今の時代、技術職といえばプログラマーでしょ。」

とか思ってこちらの記事に辿りついたのでは?

はじめまして。コードラン 編集部です。

プログラマーは高収入ですので、現在の収入に満足していない人はプログラマーに転職を考えることがあります。ではプログラミング未経験者がプログラマーに転職しようと考えたときに、どのような条件をクリアしていくことで成功するのでしょうか。

この記事では、そんなプログラマーに転職を検討しているプログラミング未経験向けに、どんなステップを踏んでプログラマーに転職したらいいのか、他にも転職の際に大事な条件などについても紹介していきますので、ぜひ一読ください。

プログラマーって?

プログラマーは経験者だからこそ活躍ができる職種です

ここでは、プログラマーってそもそもどんな仕事をするのか、システムエンジニアとは違うのかなどの基本を押さえていきます。

プログラマーの仕事内容

プログラマーは「システムエンジニアが設計したシステムに対してプログラミング」して行くことが仕事です。

使用するプログラミング言語はかなりの数があり、どのような仕事をするかによって使用する言語も変わってきます。

また、パソコン・スマートフォンなどの普及によりプログラマーの需要は一気に高まり、プログラマーが不足しているといわれています。

プログラマーの種類

プログラマーには以下の6つの種類があります。

<Web系>

必要な言語
・PHP
・javaScript
・HTML/CSS

ショッピングサイトなどインターネット上のサービスのプログラミングを行う。

<アプリケーション>

必要な言語
・C
・C#
・PHP
・Java
・Swift
・Ruby
・Kotlin

スマートフォンやタブレットで使用するアプリのシステムを作るのがアプリケーションプログラマーです。

<ゲーム>

必要な言語
・C#
・C++
・Unity
・Ruby
・Swift
・JavaScript

ゲームアプリやPCゲーム、プレイステーションなどのゲームを作るのがゲームプログラマーです。

<組み込み、制御系>

必要な言語
・C
・C#
・C++

組み込み、制御系エンジニアはテレビの音量を上げたり下げたり操作を指示するプログラムを作ります。

<汎用系>

必要な言語
・C
・java
・PL/SQL
・COBOL

大量のデータを扱う大規模なシステム開発など、1つのコンピュータで様々な情報処理を行う。

<オープン系>

必要な言語・C+
・C#
・PHP
・Ruby
・JAVA
・Python
・javaScript

病院のデータベースなど、複数のコンピュータで構築するシステムを作るのがオープン系です。

プログラマーとシステムエンジニアの違い

先ほどプログラマーの仕事は「システムエンジニアが設計したシステムに対してプログラミング」することと紹介したのでお気づきかもしれませんが、プログラマーとエンジニアには違いがあります。

簡単に言うと、顧客と打ち合わせをして「システムの設計書を作る」のがエンジニアで、「システム設計書を元にプログラムを作る」のがプログラマーです。

プログラマーに必要なスキル

プログラマーに必要なスキルはプログラミングスキルだけだと思っていませんか?そう思っていると、プログラマー転職に成功したとしても転職後しんどい思いをすることになるでしょう、そうならないためにも前もってプログラマーに必要なスキルを知っておきましょう。

プロジェクトマネジメントスキル

まずプロジェクトマネジメントスキルですが、プロジェクト全体の工程を管理して納期をしっかり守れるようにならなくてはいけません。このスキルに関しては実際に現場で経験してこそ磨くことができるスキルになっています。

タスク管理スキル

タスク管理スキルですが、エンジニアは常にひとつのプロジェクトをこなしていくわけではなく、複数のプロジェクトを同時に進行していくことがあります。

ですので、仕事量を正確に把握してタスク化する能力が求められてきます。このスキルも経験を積んでいくことで、正確に仕事量を把握していくことができ、的確に優先順位をつけていくことができるようになります。

コミュニケーションスキル

次にコミュニケーションスキルですが、エンジニアはクライアントとの打ち合わせなども仕事のひとつですので、コミュニケーションをしっかりと取りクライアントの希望などを正確に汲み取らなければいけません。

人によってはコミュニケーションスキルは元からある人もいますが、基本的にプログラマーになる人の多くはコミュニケーションを苦手としています。ですので、実際はエンジニアとして経験を積みながらコミュニケーションスキルも高めていく必要があります。

マーケティングスキル

最後にマーケティングスキルですが、クライアントの希望を正確に分析してプログラムを組めるエンジニアは、このマーケティングスキルを持っています。

エンジニアとして必ず必要な訳ではありませんが、持っていることで非常に市場価値を高めていくことができ、ワンランク上のエンジニアになることができるので、エンジニアに転職後意識しながら業務にあたるといいかもしれません。

プログラミング未経験者がプログラマー転職するための3ステップ

プログラマー未経験者が転職するために必要なステップについて紹介します。

目標設定をする

プログラマーに転職を目指すためにまず必要なのが、目標設定です。

闇雲にプログラマーになりたいからと考えていては、プログラマーとして活躍するためには覚えることが多いため、途中で挫折してしまう可能性が高くなっています。

そこで、途中で挫折してしまわないためにも自分の将来像をはっきりとさせておき、そこに向かってどうすればいいのかを明確にしておかなければいけません。

目標を明確にしておくことで、挫折しようとしたときにも踏ん張ることができ、そこまでに使った時間を無駄にするだけでなく、目標があることでモチベーションを上げていくことができますので、より効率的にプログラミング学習をしていくことができます。

プログラミングスキルを身につける

次に1番重要なプログラミングスキルを身につけることです。プログラマーにとって必須のスキルとなっており、当たり前ですがプログラミングができなければプログラマーとして活躍することはできません。

どうやってプログラミング未経験者がプログラミングスキルを身につけるかは後ほど詳しくみていきます。

エージェントやスクールを介して就職活動をする

プログラミングスキルが身についたら後は就職活動を行う必要があります。就職活動を行う際には、エージェントを利用しましょう。転職サポート付きのプログラミングスクールに通っている人は、そちらのサービスを併用することをおすすめします!

【2019年決定版】エンジニアが転職する時に使うべきおすすめのエージェント7選

未経験者がプログラミングスキルを習得するおすすめの方法

プログラマーが転職するのに向いてる年齢はどのくらい?

ここではプログラミング未経験者がどうやってプログラミングスキルを習得すればいいのかを紹介します。

「独学で学習する」でという選択肢もありますが、挫折しやすい方法とも言われていて、かなりハードルが高いのでおすすめしません

一人ですることでモチベーションを継続させることが難しくなるだけでなく、本人は頑張っているつもりでも非効率的な学習をしている可能性もあるからです。

コードラン編集部がおすすめする学習法は、「オンラインスクールを利用する」「プログラミングスクールに通う」「短期インターンを利用する」の3つです。

オンラインサイトを利用する

プログラミングスクールに通うための費用や、近所にプログラミングスクールがないなどの理由から、プログラミングスクールでの学習を断念せざるを得ない人もいますが、そのような人であればオンラインサイトを使った学習方法がおすすめです。

オンラインサイトでは、動画を使った学習方法が基本になっていて、プログラミングスクールに通うよりも安く抑えることができるだけでなく、移動時間など空いた時間にいつでも学習することができるメリットがあります。

他にもゲーム感覚で学習できるオンラインサイトなど、様々なオンラインサイトがありますので、自分に合ったオンラインサイトを見つける事が出来る特徴もあります。

価格も非常に安く、無料で学習できるものから有料でより詳しく解説しているものなどありますが、基本的には数千円で学習ができる環境になっています。

万が一挫折してしまいエンジニアの道を諦めてしまっても、初期費用を抑えている分、金銭的負担を抑える事ができるので、安心して取り組む事ができる点もおすすめ。

オンラインサイトは以下の2サイトがおすすめです。

ドットインストール
ドットインストールでは、様々なプログラミング言語について動画で学ぶことができます。無料で始めることができるのでぜひご利用ください。

Progate
Progateは、経験を溜めたらレベルが上っていく仕組みになっています。レベル上げは中毒性があり、他のユーザーと競いながらプログラミングを学習することができるのがポイントです。ゲーム感覚で楽しくプログラミング学習ができるのでおすすめです!

【完全無料!?】プログラミング講座はオンラインがおすすめ

プログラミングスクールに通う

プログラミングスクールで勉強することで、現役のエンジニアに話を聞く機会も増え、現場に出て活躍するために必要なことなど、独学では学ぶことができない部分まで学習することができます。

他にも講師を勤めてくれるのが現役のエンジニアの場合は、より実践で役にたつ知識を講義してくれますので、効率的に無駄のないプログラミング学習をすることができます。

また、プログラミングスクールに実際通うことで、同じ志を持つ仲間を見つけることができ、プログラミング学習の挫折などからモチベーションを保つこともできるようになります。

しかし、学費が非常に高く躊躇する方もいらっしゃると思います。そんな方は、無料体験に行ってみてください。無料体験を通じて自分の考え方や学びたいことが合致することを実感してから、プログラミングスクールを選ぶといいでしょう。

現役エンジニアが推薦!おすすめのプログラミングスクールを5つ紹介します。

短期インターンを利用する

プログラミングの基礎知識から実戦経験も増えてきたのであれば、実際に目標としている企業にインターンして、目標企業のやり方などを学んでいくのがいいでしょう。

そもそもインターンをすると、実際に目標としている企業に出勤して、そこで働く人たちと一緒に働くことで、目標企業での働き方を学ぶことができるだけでなく、より実戦に近いプログラミングスキルを身につけることができるようになります。

インターンの中にも1DAYインターンシップや、1週間程度プロジェクト型の短期インターンシップなどがあり多岐に渡るので自分のスキルや学びたいことによって選ぶことをおすすめします。

エンジニア未経験でもインターンとして働くことができるのか

プログラミング未経験者がプログラマーに転職するために重要なこと

プログラマーが転職する際に大事なのはエージェントやスクール?

最後に、プログラミング未経験者がプログラマーに転職するために重要になってくるポイントを紹介します。より効率的にプログラマーに転職するためにも以下のポイントを押さえてください!

プログラミング未経験者は年齢が重要

未経験からプログラマーに転職するのに年齢って関係ないの?と疑問に思う方もいるでしょう。

結論から言うと、関係あります。

企業は若くて優秀な人材を求めているので、年齢が高くなればなるほど転職難易度も上がっていきます。基本的には30代前半までと考えていいでしょう。

もちろん30代前半を超えた方でも諦める必要はなく、年齢不問の転職サポートが付いたスクールなどもできてきているので、30代前半を超えている方はそういったスクールを利用することをおすすめします。

ポートフォリオを作成する事が重要

転職する際に、ポートフォリオがあるかないかで結果がかなり変わってきます。ポートフォリオがあると採用者に自分が何ができるのかを明確に伝えることができます。

プログラミング学習中に作ったWebサイトやアプリなどは実績として評価されるので、残しておきましょう。

エージェントやスクール選びが重要

エージェントやスクール選びも重要になってきます。エージェントによって、紹介できる企業が変わってきたりするので自分が入りたい企業の紹介をしてもらえるかを確認しましょう。

スクール選びは特に重要で、こちらも自分の目標によって選ぶ必要があります。とにかく転職を目指す場合は、転職サポートが付いているプログラミングスクールをおすすめします。

また、プログラミングスクールによっては提携している企業があり、その企業が超有名なIT企業で通常だとチャレンジできないような所だったりするので、スクールを選ぶ際にぜひチェックしてみてください。

さらに、プログラミングスクールによっては、オリジナルサービスを作成するコースなどもあるのでそちらも要チェックです。

まとめ

プログラマーとはどんな仕事なのかを皮切りに、プログラマーに必要なスキル、プログラミング未経験者がプログラマーに転職するために重要なことなどを紹介しましたがいかがでしたか?

一歩ずつステップを踏んで行き、今回紹介したプログラマーに転職するために重要なポイントを押さえれば、無事プログラマーに転職できるので、安心してください。

コードラン 編集部は、みなさんがプログラマーとして活躍する事を願っています!

WRITER

首都大学東京法学系を卒業後、2013年に大手IT企業に入社、コーポレートブランディングや旅行系新規事業の運用改善など広くマーケティング活動に従事。2016年10月より東南アジアに拠点を移し、ベトナムでのメディア事業の立ち上げやシンガポールでのWebマーケティング支援を経験。リトルトゥース。

オススメの
プログラミングスクール

TechAcademy(テックアカデミー)

AI・人工知能

ポテパンキャンプ

HTML/CSS/jQuery

ウェブカツ

Webアプリ

CodeShip

HTML/CSS/jQuery

神田ITスクール

Java

tech boost

HTML/CSS/jQuery

ヒューマンアカデミー

Java

.Pro(ドットプロ)

Python

都道府県から探す

北海道・東北エリア
北海道
青森県
岩手県
秋田県
山形県
福島県
宮城県
関東エリア
東京都
神奈川県
埼玉県
千葉県
茨城県
栃木県
群馬県
山梨県
信越・北陸エリア
新潟県
長野県
富山県
福井県
東海エリア
愛知県
岐阜県
静岡県
三重県
近畿エリア
大阪府
兵庫県
京都府
滋賀県
奈良県
和歌山県
中国エリア
鳥取県
島根県
岡山県
広島県
山口県
四国エリア
徳島県
香川県
愛媛県
高知県
九州・沖縄エリア
福岡県
佐賀県
長崎県
熊本県
大分県
宮崎県
鹿児島県
沖縄県

コードランとは
コードランとは、プログラミング初心者や副業/フリーランス向けに、プログラミングスクールの評判や口コミを比較できるサイトです。 実際に受講をした方の生の声を配信することで、プログラミングスクール選びの際に、自分にあったスクールを選べるよう、サポートしています。また、コードラン編集部では、プログラミング学習や、副業/フリーランスなどの働き方、副業の時の見積もりの出し方などなどをわかりやすく伝えております。

コードランの特徴①リアルな受講生の声が見れる!
侍エンジニア塾,Progate(プロゲート),TECH::CAMP(テックキャンプ),CODE MONKEY(コードモンキー),インターネットアカデミーなど、プログラミングスクールに実際に通った方の口コミ情報を掲載しております。 中立・公平性を維持するために弊社では口コミ内容の修正、削除は原則行っておりませんので、他のサイトよりも信頼性が高いと評判です。

コードランの特徴②目的にあったプログラミングスクールが見つかる!
東京や大阪などの場所はもちろん、作りたいサービスや、学びたい言語、転職支援があるか、Webサイトを作ってみたい、iOSアプリを作りたいなど、プログラミングを学ぶ目的からスクールを探します。未経験歓迎か、オンラインでの受講があるかなど、プログラミングスクールごとに特徴も選択できるようになっています。もちろん調べる際には価格や時間も大事な要素になってくるかと思いますので、評判や口コミも是非参考にしつつ、目的別に徹底的に比較をして、自分に合ったスクールを見つけてみてください。

コードランの特徴③現役エンジニアの体験談や学習記事がたくさん!
プログラマーと一言に言っても、使っている言語や働く環境が違えば、気付きのヒントや新たな視点は必ずあるはずです。コードランでは現役エンジニアたちが現場で活躍できるようになるまでのストーリーやスクールのインタビューをご紹介しています。また、 IT業務が未経験でもプログラマーになれるの? スキルアップするには何からはじめればいいの? フリーランスはみんなどうやって稼いでるの?実際のお給料は? など、プログラミングを志すみなさん向けの記事を集めています。 今もし何かの壁にぶち当たり悩んでいるのだとしたら、あなたの不安の解決の糸口が見つかるかもしれません。

コードランはこんな方におすすめ
はじめてスクールに通ってみたい方や、独学で学んでプログラマーを目指している方、スキルアップのために新たにスクールを探している方におすすめです。実際の口コミや評判をもとに、コードランではプログラミングスクールを徹底解剖していますので、あなたに合ったプログラミングの学び方やスクールが必ず見つかるはずです。 コードランはブログランキングサイトに参加しています
コードランは、人気ブログランキングのシステムエンジニアおよびアプリ開発、WordPressなどのカテゴリーでランキングに参加しています。また、にほんブログ村 プログラミング教育IT技術ブログWebエンジニアの各カテゴリーのランキングに参加しています。

*1 当社調べ